個人投資家の皆様へ

初めて当社の株式購入をご検討の皆様に、CS-Cをより深くご理解いただけるよう、当社についてわかりやすくご紹介します。

【目次】

  1.  1.CS-Cとは
  2.    1-1.事業内容
       1-2.社名の由来
       1-3.ローカルビジネス市場をターゲットとしている理由
       1-4.ソリューション ~提供サービス~

  3.  2.成長可能性
  4.    2-1.ターゲットとする市場のポテンシャル
       2-2.中長期戦略

  5.  3.代表の声

1.CS-Cとは

我々はビジネスを通して社会の課題を解決するためにCS-Cを設立しました。

1-1.事業内容

ローカルビジネス(※)市場における以下のようなお店のマーケティング課題を、デジタルの力で総合的に解決する会社です。
※ローカルビジネス:個人事業主や中小企業を中心とした、地域に根付いた店舗ビジネスの総称。ビューティー(美容室、ネイルサロン等)、グルメ(飲食店)などがあります。

お店の悩み

1-2.社名の由来

前半の「CS」は「クリエイト・スマイル」と「カミング・ステージ」の2つを表しており、
後半の「-C」は
・CLIENT(クライアント)
・COUNTRY・COMMUNITY(国・地域)
・CONSUMER(消費者)
・CHILDREN(子供)
を指し、かかわるこれらの「C」に次のステージを提供し、笑顔を創造していける存在でありたいという思いを込めた社名となっております。

1-3.ローカルビジネス市場をターゲットとしている理由

広大なマーケットボリューム

ローカルビジネス市場のうち、当社がターゲットとしているグルメ、ビューティー、トラベル、アパレル業界を合算した市場規模は約51兆円。
それに、それぞれのマーケティング予算を乗じると、マーケティング予算規模は約2.8兆円(※)と算出されます。
この広大なローカルビジネス市場の発展に寄与することで、日本全体の発展にも貢献してまいります。
※弊社独自調べ
広大なマーケット(マーケティング予算)

ローカルビジネス市場の課題

マーケティングの必要性が顕在化しているものの、人材・ノウハウが不足しているという課題を抱えています。

ローカルビジネスの課題

1-4.ソリューション ~提供サービス~

ローカルビジネス市場におけるマーケティング課題を解決する2つのソリューション「C-mo(シーモ)」と「C+(シープラス)」を展開しています。

C+ -シープラス-
社外CMO(Chief Marketing Officer・最高マーケティング責任者)として、当社のコンサルタントが直接顧客の事業に参画し、
Web販促のプラン策定から実際の実行、効果検証までをトータルでサポートする、ハンズオン型コンサルティング
「C+」による支援を通じて、「業界特有の課題」「隠れた真のニーズ」「顧客の生の声」を収集し、「C-mo」の継続的な開発に役立てることも「C+」の役割のひとつです。
    
C-mo -シーモ-
ニーズ調査から新規客獲得、固定客化に必要な機能を『ワンストップ』で提供するSaaS型統合マーケティングツール
「C+」によって常にナレッジを反映し続けているので、陳腐化せず汎用性の高い「C-mo」を提供することが可能となっています。
「C-mo」のバージョンアップ情報はこちらからご覧いただけます。

ソリューションの関係性

弊社サービスをご利用いただいているお客様の声こちらに掲載しております。

2.成長可能性

「事業計画及び成長可能性に関する説明資料」はこちらをご覧ください。

2-1.ターゲットとする市場のポテンシャル

ポテンシャル
※グルメ、ビューティー、トラベル、アパレル市場のマーケティング規模の合計(弊社独自調べ)

2-2.中長期戦略

既存業界(グルメ、ビューティー)に対しては、更に業界を深堀し、オンライン上での収益機会の創出までサポート可能なサービス提供を目指しております。
同時に、マーケティングの必要性が顕在化しているものの、人材・ノウハウが不足しているという同様の悩みを持つ新市場(トラベル、アパレルなど)への横展開も進めてまいります。
今後も積極的に新機能・新サービスの開発・提供を進め、クライアントの満足度を上げ、弊社がターゲットとしている美容、飲食、トラベル、アパレル業界の2割にあたる26.8万店舗の獲得を目指してまいります。

中長期戦略

3.代表の声